梨乃3 痴女編
梨乃3 痴女編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃3 痴女編 第4章 4
 健介も、ちょっと驚いたように顔を赤らめている。
 梨乃は、本間健二たちの命令により下着を履いておらず、健介の手が、本来は布で覆われているはずの部分に直接触れていたのだ。
 小学生に、触られている。
 いけないと思う半面、不本意ながらも興奮し、梨乃のそこからはとろとろした液体が分泌されていた。
 その部分を、子供の指に触れられていた。
 すべてはスカートの中であるため、健介にもなにがどうなっているのかまったく想像も出来ていないに違いない。
 ただただ、驚いた表情で顔を赤らめているだけであった。
「驚かせてごめんね。こういう時に締め付けていると余計に苦しいから、脱いじゃった」
 下着を履いていないことに対して、梨乃はそう説明した。
 我ながら馬鹿なことをいっている。
 脱げるくらいなら、立って歩くことだって出来るだろうに。
「もっと奥まで、触って」
 梨乃は甘えたような声を出した。
「奥って……」
 健介は戸惑っている。
 もう梨乃の脚のつけねに触れているのだ。なんだかムニュムニョとした、そしてぬるぬるとした、脚の合わせ目のところに触れているのだ。ここより奥って、どういうこと? ここが突き当たりなんじゃないの?
「指、そのまま進めてみて」
 梨乃にいわれるまま探る健介の指が、梨乃の入口を捉えた。
 押した。
 指が、ゆっくりと入っていく。
 まるで、梨乃の方から飲み込んでいるように。
「入ちゃった……凄く、ぬるぬるしてる」
 健介はまた驚いた表情を浮かべた。
「痛くてさっき薬を塗ったからかな」
 梨乃は出鱈目をいった。本当は自分の分泌液なのに。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ