梨乃3 痴女編
梨乃3 痴女編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃3 痴女編 第4章 4
「右足首の、ちょっと上の方に触って」
 スカートの裾、素足の部分に健介の手がそっと触れた。
「そうそう。軽くなでて。……ああ、ちょっと楽になった。……もっと、上の方もなでて」
「こう?」
 健介の手が、梨乃のすねから膝へと滑るように上っていった。
 膝の少し上あたりを、さわさわとなで回した。
「そうそう。ほぐれてきた。ありがとう。……もっと、上の方もお願い出来る?」
 いわれるままに健介の手が、太股の方へと上がっていく、が、そこで、ぴたりと動きがとまった。
 スカートの裾の手前で。
 幼いとはいえ、やはりこれ以上はまずいという思いがあるのだろう。
「手、入れていいよ」
 梨乃がそういうと、健介は少しの躊躇こそ見せたものの、スカートの中へと手を滑り込ませた。
 そして、太股の外側をなでた。
「ありがとう。楽になってきた。あと、脚の内側もお願いしたいんだけど」
 健介は慣れてきたのか、躊躇することなくすぐに行動に移した。スカートの中で手を滑らせて、太股の内側へと移動させた。
 膝とつけねの中間地点あたりを、さわさわとさすっている。
「もっと。もっと上まで、なでて」
 スカートの中で、健介の手がどんどん梨乃の太股の内側を履って、腰の方へと上っていく。
「あ」
 びく、と梨乃の身体が震えた。
21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ