梨乃3 痴女編
梨乃3 痴女編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃3 痴女編 第3章 3
 三人が、梨乃の身体で男性をこすっているのを見て、成宮信也が、
「これって、おれも参加しないと駄目ってことだよね」
 ズボンと下着を下ろし、下半身素っ裸になると、正座のような姿勢で少し腰を浮かせ、真横に向けた梨乃の顔の、口の中に自分の長く太いものを詰め込んだ。
 うぐ、と梨乃がむせそうな声を出したが、成宮信也は構わず腰を前後させ始めた。
 ここにいる四人の男子全員が、こうして梨乃の身体や手の中、乳房の隙間を使って腰をピストンさせることになった。ぬちゅぬちゅとした異様な和音が部屋の中に響いた。
 その和音を最初に見出したのは、まだ梨乃の口の中に入れて間もない成宮信也であった。
「ああ、ダメダメ、出る出るっ!」
 大きく腰を引いて自分の物を引き抜くと、握り、梨乃の顔に狙いを定めてごしごしとしごいた。
 先端がはち切れそうなくらいに膨らんだかと思うと、白濁とした液体がびゅるっと吹き出して、梨乃の顔面に降りかかった。
 びゅるっ、びゅるっ、
 それは、うどんのように太い線で、梨乃の顔面を何度も打ち付けた。
 先ほど駅のホームでも梨乃と交わったが、その時は射精に至らなかったため、その分体内にはたっぷりと溜まっていた。
「おれもおれも!」
 梨乃の胸に己のものを挟んで腰を動かしていた合田富男が、膝立ちのまま梨乃の顔へ近寄ると、やはりその先端が大きく膨らみ、裂け目から白濁としたものを鉄砲魚の水撃のように勢いよく噴出した。
 どるっ、
 どるっ、
 既に梨乃の顔面は成宮信也のものでドロドロになっていたが、その上から合田富男のものがたっぷりと降り注いだ。
18
最初 前へ 15161718192021 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ