梨乃3 痴女編
梨乃3 痴女編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃3 痴女編 第3章 3
 乳首を摘んで引っ張ってぐるぐる回すなど、一通り遊んで飽きると、合田富男はごそごそと自分のズボンとパンツを脱ぎ始めた。
 パンツを押し下げた際に下に引っ張られた男性が、反動でびよんと跳ね上がり、へそを叩いてぷるんぷるんと揺れた。
 先ほど駅のホームで、梨乃の口による奉仕で大量の液体を吐き出したはずであるが、完全に回復しており、それどころか先ほどよりも大きく、先が腹に触れそうなくらいに全体が反り返っていた。
 合田富男は梨乃の両脇に手を入れて、立ち上がらせた。
 膝を曲げて身長差を殺すと、反り返った先端を、梨乃の股間の下にもぐり込ませた。
 つぷ、
 梨乃の肉ヒダが、合田富男の先端を包み込んだ。
 合田富男は、そのまま腰を突き上げた。
「んっ」
 梨乃の中に、突き刺さっていた。
「おー、気持ちいい。相変わらず梨乃ちゃんのは締まるよな」
 合田富男は、膝を屈伸させて、梨乃の体内に己のものを突き入れては引き抜いた。
 その都度、梨乃の乳房が揺れ、呻き声が漏れた。
 合田富男は三人の友達が見ている中、部屋の中央で梨乃を貫き続けた。
「ん、んんっ、あっ、あっ」
 突き刺されるたび、梨乃は声を上げた。
 合田富男は、梨乃の左太股に腕を回し、高く抱え上げると、大きく開いた股間へ、より深く突き刺した。
「はああ、あうっ」
 梨乃は歯を食いしばり、辛そうに顔をしかめた。
 辛そうといっても、快楽を感じまいと抑えるのが辛いというだけで、結局まったく抑えることなど出来ず、梨乃のその部分からはますますいやらしい液体を分泌させていた。
「交代。おれだけ、さっきしなかったからさ」
 本間健二がいつの間にか下半身裸になり、股間から生えたものを天へと向けていた。
16
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ