梨乃3 痴女編
梨乃3 痴女編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃3 痴女編 第2章 2
「ああ、残念。これ終電だから、乗らなきゃな」
 成宮信也は少しでも堪能しようと、削岩機のような凄まじい速度で腰を前後させた。
「あ あ あ あ あ あ あ!」
 梨乃は目を見開き、大きく口を開けた。
 成宮信也は腰を激しく突き上げながらも、ぶるんぶるん回転する乳房を掴み、揉みしだいた。
 くうっ、と梨乃は呻き、腰を突き上げた。
「ああああああっ!」
 ぎゅっと両拳を握り、快楽に耐える梨乃。
「おしまい」
 ぬるん。
 成宮信也は、梨乃から己のものを引き抜いた。
 立ち上がると、男性をズボンの中にしまい、ジッパーを上げた。
「ほらほら、電車来ちゃうぞ」
 成宮信也は冗談っぽくいった。
 ガタンガタンいう音が大きくなり、ライトの光が明るくなってきた。
 膣を激しく突かれて放心状態になりかけていた梨乃であったが、突如飛び上がると、裸の上に急いでダウンジャケットだけ羽織り、まくれあがったスカートを直した。
 セーターとブラウスも慌てたように拾い、隠すようにぎゅっと胸に抱えた。
 電車がホームに入ってきたのは、次の瞬間であった。
 間一髪。
 梨乃は、安堵のため息をついた。
 虚しさの多分に混じった、乾いたものであったが。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ