梨乃3 痴女編
梨乃3 痴女編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃3 痴女編 第2章 2
「はい、まだ終わりじゃないよお。ここで通行人っつーか駅の利用者Bが登場!」
 成宮信也は、本橋次郎の背中をばんと叩いた。
 萎えたものをまださらけ出してぐったりとしている合田富男の横に、本橋次郎が座った。
「もうオナ見せ省略でいいから、とりあえずしゃぶりついて」
 と、成宮信也の指示。
 梨乃は、本橋次郎のベルトを緩めてジッパーを下ろすと、男性を引き出した。
 身体の大きさに比例しているのか、合田富男と比べるとかなり小振りであった。もう何回も挿入されており、改めて見るまでもなく知っていたが。
 梨乃は、引っ張り出した本橋次郎の物を右手で握ると激しく上下にしごき始めた。
 本橋次郎は呻き声を上げながら、ほぼ全裸である梨乃の乳房に両手を伸ばし、揉んだ。
 乳首を摘み、引っ張った。
「んん」
 梨乃の口から声が漏れた。
 本橋次郎は腰を前へ突き出すように座り直した。
 梨乃はその上にゆっくりとまたがると、本橋次郎の性器を掴み、自分の割れ目にあてがった。
 にゅるにゅるとこすりつけるように狙いを定め、肉ヒダが確実に本橋次郎の先端を捉え包み込んだことを確認すると、ゆっくりと腰を下ろした。
 本橋次郎の物が、梨乃の身体の中に飲み込まれていく。
 完全に、埋まった。
 梨乃は、ぷるぷると身体を震わせながら、はあと息を吐いた。
 成宮信也の持ったビデオカメラが、限界までその結合部分に寄っていた。
 梨乃は呼気を漏らしながら、軽く身体を浮かせた。
 体内に飲み込まれていた肉の棒が、半分ほど姿を見せた。
 梨乃の分泌液で、濡れていた。
 また、腰を落とし、飲み込んだ。
「んっ」
 声を漏らすと、ゆっくりと上下動を始めた。
 結合部分から、くっちゃくっちゃと粘液質な音が上がった。
 本橋次郎は梨乃の乳房を掴み、揉んだ。
「んんっ」
 梨乃の腰を上下させる動きが速くなった。
11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ