梨乃3 痴女編
梨乃3 痴女編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃3 痴女編 第2章 2
「まずは、そうだな、手を使わずに射精させる」
 成宮信也の囁くような指示に、梨乃は諦めたような表情で合田富男の肉棒に顔を寄せた。
 合田富男の腿に両手を置いて身を乗り出し、まるで犬のように、べろべろと激しく舌で男性を舐めた。
 手を使わずに、舌の動きと感触だけで合田富男のものを刺激する。
 手で押さえていないため、べろべろ舐めれば舐めるほど、逃げるようにぶるんぶるん肉棒が揺れる。
 梨乃はそれを追い、舐め続けた。
 顔を横にしてくわえ、押さえ付けた。
 ぶるぶる震えるのを落ち着かせると、いったん男性を口から離し、限界まで伸ばした舌で根本からぬーっと舐め上げた。
 カリの部分や末端の裂け目を、舌先を尖らせてちろちろと攻めた。
 合田富男の男性が、びくっびくっと痙攣するように根本から揺れた。梨乃の舌が押したからではなく、合田富男の興奮のためによる筋肉の収縮によるものだ。
 梨乃は先端を軽く口に含んだかと思うと、一気に顔を落としていた。
 喉まで完全に満たす異物感にむせそうになるのをこらえると、ゆっくりと顔を持ち上げ、また一気に落とした。
 唇で締め付けるだけでなく、舌をねっとりと肉棒にまとわりつかせながら、顔を上下させ続ける。
 二分ほどもそうしていると、だんだん合田富男の呼吸が荒くなってきた。
「ああ、出る出る出る!」
 合田富男は、後ずさるように腰を引いた。
「顔、顔に!」
 という指示に、梨乃は顔を持ち上げて口から男性を引き抜いた。
 合田富男がぶるんと震えた。
 ぷっくり膨らんだ亀頭を、裏側から舌でべろべろと刺激した。
 合田富男が呻くのと同時に、亀頭がぐうっとはち切れそうなくらいに膨張した。
 先端から、白濁とした液体が勢いよく噴出し、梨乃の顔にかかった。
 びゅううっ、びゅううっ
 と、高く飛び吹き上がるたびに、激しく梨乃の頬を打ち付けた。
 はーーっ、と恍惚とした表情で息を吐きながら、背もたれにぐったりもたれかかる合田富男。
 放出が終わってもまだびくんびくんと心臓の鼓動に合わせて痙攣をしており、そのたびに少しずつ萎れ、小さくなっていく。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ