梨乃3 痴女編
梨乃3 痴女編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃3 痴女編 第1章 1
 どの車両にもほとんど乗客は乗っていなかった。
 一時間に一本という少ない本数であるが、それ以上にとにかく利用者数の少ない路線であるし、それにもう夜も十時を過ぎているためである。
 電車の走行音に、隙間から入り込む風の音、それに静々としたスニーカーの靴音が紛れていた。
 車両の中央を、少女が歩いている。靴音の主だ。
 なんだかそわそわとした落ち着きのない態度、おどおどとした表情であった。
 車両には他に、三、四人ほどの乗客の姿。
 少女はそのまま歩き続け、次の車両へと進んだ。
 乗客は一人しかいないが、女性客だ。
 ダメだ。次。
 次の車両には、二十代前半と見えるなんだかひ弱そうな、俗にいう草食系といった雰囲気の男性が一人。
 どくん。
 少女の心臓は、大きく跳ね上がった。
 ゆっくりとその席まで歩み寄ると、バッグを下に置き、ボックスシートの対面に座った。
 男性は携帯ゲームに興じていたが、ちょっと首を上げて、車内を確認した。
 こんなガラガラなのに何故、と思ったのであろう。
 ちょっといぶかしげな表情を浮かべたものの、相手が十代と思われる女の子であることに、気にせぬ振りをして、また視線を携帯ゲームに戻した。
 やはり気になるようで、その態度はちょっとだけ落ち着きのないものになっていたが。
 対面に座った少女は、高校生くらいに見える。
 私服姿だ。
 ダウンジャケットに、ミニスカート。
 膝より上まである長い靴下。
 少女は躊躇いがちな表情で、脚をぎゅっと閉じるようにもじもじとしている。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ