梨乃2 混沌編
梨乃2 混沌編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃2 混沌編 第3章 3
 高橋はそれに手をかけて脱がそうとするが、梨乃は高橋の股間に伏せくわえている体勢であるため、ちょっと無理があった。
 が、我慢出来ないのは梨乃の方であった。梨乃は顔を上げて高橋の物を口から完全に抜くと、スカートのはだけたまま高橋の前に横たわった。
 高橋はごくりと唾を飲むと、再び梨乃の下着に手を伸ばした。
 するり、と今度は足元まで簡単に脱がすことが出来た。脱がしやすくするために、梨乃が軽く腰を浮かせて協力していたからだ。
 足元から、下着を完全に抜き取った。
 梨乃の脚はしっかりと閉じているが、それでも合わせ目の辺りには、濃くも薄くもない陰毛がはみでている。
 高橋は梨乃の足元に回り込み、立っている両膝にそれぞれ手を置いた。
 左右へと力を入れると、特に抵抗もなく、ゆっくりと開いていった。
 高橋の腕の動きに合わせて、ゆっくりと、ゆっくりと。
 そして、ついに梨乃の女性の部分がさらけ出され、高橋の網膜にくっきりと飛び込んできた。
「ぐしょぐしょだ」
 それが梨乃の女性の部分を見た高橋の、第一声であった。
 赤黒い貝のような、俗にいうビラビラがとても大きく、なにもしていなくてもふるふると震えている。それが自身の内部から溢れた液体により、ぬらぬらと粘液質な光沢を放っていた。
 高橋は荒い呼吸をしながらそのヒダの部分に両手を伸ばし、指に触れると、掻き分けるように大きく左右に開いた。
 薄暗がりではあったが、梨乃の内部が完全に見えていた。
 高橋は興奮を隠さず身を低くして奥を覗き込んだ。
 ぬらぬらと光る肉の壁は、奥の奥まで真っ赤であった。
 まるで腸の内側を見ているかのように。
「恥ずかしいよ」
 梨乃は、喘ぐような声を出した。
「おれだって、こんな格好なんだぞ」
 高橋は、パンツから飛び出している相変わらずどちょうした物を、根っこを掴んでぷるぷる振るって見せた。
 と、突然に高橋は、梨乃の身体に覆いかぶさっていた。
 そして、腕立てのように両手を着くと、ぐいぐいと腰を動かして梨乃の脚の合わせ目にある裂け目に硬く巨大な肉棒の先端を押し当てた。
 高橋は、自分の先端が、柔らかくぬるぬるとした物に包まれていることを確認すると、そのまま腰を突き出した。
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ