梨乃2 混沌編
梨乃2 混沌編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃2 混沌編 第3章 3
 顔を上下させながら、パンツの窓に手を突っ込んで、くるみのような二つの物体を、ぐにょぐにょと転がすように揉んだ。
 そんなことをずっと続けているうちに、高橋の呼吸がさらに荒くなってきていた。
 騒音の中でもはっきりと聞こえるくらいに。
「ああ、出そう、出そう」
 高橋が熱い息とともに天を仰いだ。
 梨乃の口の中で、ただでさえ硬かったどちょうした物体が、ぐーっと膨らむようにさらに強度を増した。
 梨乃の経験上、あと一秒も刺激したら高橋の体内に溜まっているこってりとしたものが勢いよく吹き出すであろう、というその寸前に、梨乃は顔を上下させ舌でねぶる動きをピタリと停止させた。
 ふー、と、高橋は安堵のため息をついた。
 一呼吸入れた高橋は、手を伸ばすと梨乃の制服の裾へと持って行った。
 ブラウスの下の方のボタンを二つばかり外すと、手を差し入れて、ブラジャーの隙間に指を滑り込ませ、グミのような柔らかい突起をきゅっと摘んだ。
「んふ」
 どちょうした物をくわえたままの梨乃の口から、そんな声が漏れた。
 梨乃はまた顔を上下させ、舌と唇とで巨大な肉の柱をねっとり柔らかくこすり始めた。
 限界寸前であった高橋の射精感は一度おさまっていたが、梨乃がまたこのように激しく刺激し始めたため、一分もしないうちにまた限界に達しようとしていた。
 梨乃の口の中で、恐ろしく硬いものがびくりびくりと行き場を求めて苦しそうに暴れている。
「出る出る、今度こそ出るっ」
 小さく、悲鳴のような声を出す高橋。
 と、また梨乃は動きを止めた。
 高橋は、ふーーーっと長く息を吐いた。
 身体が、ぶるぶるぶると大きく震えている。
 二度までも射精を寸止めされれば、誰でもこうなるであろう。放出したい欲と、抑えてもっと快楽をむさぼりたい欲、これらのせめぎあいによって制御回路が混乱し、心が乱れ爆発寸前になっているのだ。
 高橋は、ぐっと両手を伸ばすと、梨乃のスカートに荒々しく手をかけていた。
 焦らすことなく、勢いよくめくった。
 白い下着が見えた。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ