梨乃2 混沌編
梨乃2 混沌編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃2 混沌編 第3章 3
 それはぷるぷると小さく震えている。
「大きい……」
 梨乃はうっとりしたような表情で、そそり立つ肉の棒をまじまじと見つめると、改めてゆっくりと手を伸ばして指の先で触れた。
 根本から先端まで、軽く触れた指先でそっと撫で上げると、続いて顔を近付け、根本から舐め上げていった。
 舌を尖らせ、末端にある亀裂に差し込むようにして舐めた。
 そっと触れていた指に力を込め、ぎゅっと強く握った。握ったままの手を下から上へと移動させると、血流の関係で高橋のただでさえ大きかった先端の膨らみが、皮膚がはち切れ裂けるのではないかというくらいに膨張した。
 小さな虫が何十匹、その傘の下で雨宿り出来るかというくらいに。
 信じられないくらいに大きくなった先端を、なんとか口に含ませた梨乃は、そのまま一気に顔を落下させた。
 魔術ショーでも見ているかのように、巨大な棒が一瞬にして姿を消した。
 同時に、また高橋がくっと呻いていた。
 梨乃は、自分の喉をぬるぬると刺激しながら入って来る熱く巨大な物体に思わずむせそうになったが、なんとかこらえると、ゆっくりと顔を上下させ始めた。
 唇で締め付けて絞るだけでなく、舌も激しく動かし、高橋を刺激した。
 あまりにも長さがあるため、先端は完全に喉の中にあった。
 梨乃は軽い嘔吐感に、くわえつつえづいた。それによる喉の収縮などの動きが、より高橋を刺激した。
 ぱっと見にはただ口に入れて顔を前後させているだけだが、このように何箇所も同時に刺激されて、高橋は興奮し、細かな呻き声を吐き出し続けた。
 梨乃は顔を動かしながら、自由になっている両手で高橋のベルトを緩めてズボンのボタンを外した。
 ズボンを下げた。
 高橋は座っていたが、軽く腰を浮かせたため、するりと簡単に膝まで下ろすことが出来た。
 下ろしたのはズボンだけで、まだ履いたままのパンツの窓から、巨大な柱が天へと高く、元気にそそり立っている。
 その肉の柱が、先ほどから梨乃の顔の中に出たり入ったりしている。
 梨乃は、ゆっくりと顔を上げていく。
 どんどん、高橋の全体が姿を見せていく。
 先端の巨大な膨らみが見えた、と、その瞬間、ぷるん、と、梨乃の口から完全にそれが飛び出して大きく揺れた。
「ほんと、おっきいね」
 梨乃は、改めてまじまじと見、改めてその巨大な棒を握り、改めてそれを口にくわえた。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ