梨乃2 混沌編
梨乃2 混沌編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃2 混沌編 第7章 7
 菅野は背後から腕を回し、両手で梨乃の乳房をがっと掴むと、激しく揉みしだいた。
 ぐにょぐにょと大きく形を変化させる乳房。梨乃は第三の刺激に、また目を閉じて小さな呻き声を上げた。
「なあに喜んでんのよ。この、変態!」
 持田は、梨乃の体内に差し込んでいる三本の指を、ドリルのように激しく回転させた。
「あ あ あ あ あ」
 背後から菅野に胸を揉まれ乳首を摘まれ引っ張られ、永田に肉の突起をこすられ、持田に三本の指を入れられ、どの刺激に対しても梨乃は反応し、せわしなく喘ぎ声を漏らし続けた。
 菅野は、両の乳房を強く掴んだまま、背後から梨乃を膝かっくんして、腰を下ろさせると、後頭部の髪の毛を掴んで引っ張り、床へと横たわらせた。
 体勢を変えた時に持田の指がぬるんと抜け、その瞬間に梨乃は膝を立てて腿をがっちりと閉じていた。
「なに抵抗してるふりしてんだよ。喜んでたくせに。気持ち良かったんだろ?」
 永田は笑うと、梨乃の右膝に手をかけた。
「そうだよ。ぬるっぬるだったじゃん」
 持田が、先ほどまで梨乃の体内に入っていた指で、左膝をこする。たっぷりとついた、梨乃自身の粘液が、膝について光沢を放つ。それを見て微笑んだ持田は、永田と同様に梨乃の左膝に手をかけた。
「気持ちよくなんか、ない」
 嘘であった。確かに嫌悪感は強いが、それとは別に身体は反応していた。だから持田のいった通り、自分の体内からはぬるぬると液体が激しく分泌されている。
 でも、反応していようとも嫌悪感があるも事実で、だから梨乃は抵抗し、ぎゅっと閉じた脚を開かれまいと頑張った。
 だが、永田と持田の二人が左右から体重をかけるように引っ張ると、女子一人の抵抗ではどうしようもなく、ゆっくりと膝が開いていった。そして、突然ぱっかりと割れた。
「ごかいちょーう」
 永田の嬉しそうな叫び。
 完全に、梨乃のその部分が全員にさらされていた。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ