梨乃2 混沌編
梨乃2 混沌編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃2 混沌編 第7章 7
「でもよお、持田あ、大丈夫なん? こんなことしてて」
 先ほどから梨乃を羽交い締めしている菅野が、ちょっと心配そうな表情で尋ねた。
「大丈夫でしょ。それ以上のことを自分はしちゃってるんだもん。それに、好き者だからこんなふうないやらしいことを他人の彼氏に平気でしちゃえるんだろうしさあ。というかあたし別に退学になっても構わないし、もう」
 持田栄子は、ヒダを引っ張って揉んで遊んでいる永田英二の手をどけると、自分の手を伸ばし、梨乃の股間に深く潜り込ませた。
 人差し指と中指とで、梨乃の中心に触れた。と、その瞬間には、一気にそこにその二本の指を突き入れていた。
「ああうっ!」
 梨乃は激しい呻き声を上げた。
 持田の指は、彼女の予想に反してぬるっと簡単に入ってしまっていた。まるで梨乃の方から飲み込んだかのように。
「乾いてるとこに入れて痛がらせてやろうとしたのに、グショグショじゃん。……信じらんない。なに気持ちよさそうによがってんの? こんなだから、他人の彼氏を奪って平気な顔してられるんだよ」
 持田は二本の指だけでなく、さらに薬指を突き刺して、三本の指で梨乃の中を激しく掻き回し始めた。
「ん、んん」
 梨乃は声を漏らし、ぎゅっと目を閉じた。
 永田英二がニヤニヤ笑いながら、梨乃の陰毛を掻き分け、肉の芽を見つけ、粘液をこすりつけ、指で摘んだ。
「あっ、ああー。……あーーーーっ!」
 持田と永田に中と外とを同時に攻められ、梨乃はこらえきれず呼気を漏らしたかと思うと、続いて甲高い悲鳴を上げた。
「おれも、もう我慢できね」
 背後からずっと梨乃を羽交い締めにしていただけであった菅野が、後ろからもそもそと手を伸ばし、興奮した手つきで制服をまくり上げていた。
 上着とブラウスをまとめてめくり上げると、ひきちぎるようにブラジャーを外して、投げ捨てた。
 梨乃の乳房がぶるんと揺れた。
21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ