梨乃2 混沌編
梨乃2 混沌編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃2 混沌編 第7章 7
 さらに、下着が下がっていく。
 陰毛が見えた。
 梨乃は脚をぎゅっと閉じているため、それ以上の部分は見えてはいない。
 永田はさらに下ろしていき、そしてついに完全に下着が裏返った。
 脱がそうと、永田はぐいぐいと引っ張るが、梨乃は脚に力を込めて必死に抵抗をしていた。
「やりたいくせに、なに演技してんの?」
 横で見ていた持田栄子は、手を伸ばし、梨乃の太股を強くつねった。
 梨乃が苦痛の声を漏らした瞬間、永田は両手にかけたその下着を、一気に足元にまで落としていた。
 こうして、梨乃の下半身は完全に剥き出しになった。
 持田はそれを見ながら、にやにやと笑っている。
 梨乃は、恥ずかしそうに下を向いた。
 下着は下ろされたが、まだその脚はぎゅっと閉じたままである。
「見せたいんだろお。なんで隠すんだよ」
 永田は梨乃の両腿に手をかけた。
「やだ、見せたくなんかない!」
 必死に抵抗する梨乃。聞く耳もたずぐっと広げようとする永田であるが、さすがフットサル部で鍛えた脚力というべきか、梨乃の脚は容易には開かなかった。
 だが、男子の腕力の前に、いつまでも抵抗出来るものではなく、腕をねじ込まれ、こじ開けられ、太股と太股の間が段々と広がっていった。
「まだ開ききってないのに、ビラビラがぶるぶる震えてんのが見えてるよ。でっけえな、こいつのビラビラ、おい持田も見てみろよ」
「えー、嘘お、そんなおっきいの?」
 持田は笑いながら、腰を低くして梨乃の股間を覗き込んだ。
「ほんとだあ! やだ、気持ち悪い! 遊び過ぎなんじゃない?」
「何百人とやったんだよ? 初体験いつ? 小学校?」
 永田は、梨乃の脚の合わせ目からぶら下がって震えている肉のヒダに指を伸ばした。
 くにゅ、と、柔らかなヒダを摘んだ。
 梨乃は目を閉じ、小さく呻いた。
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ