梨乃2 混沌編
梨乃2 混沌編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃2 混沌編 第6章 6
「ね、木村さあん」
 それは、六時限目の終了直後のことであった。
 梨乃はとっくに部活を引退しており、受験勉強のためとっとと帰ろうと仕度をしていた。そこへかけられた背後からの声に、飛び上がるようにドキリとし、背筋が凍り付いていた。
 何故ならば……
 梨乃は恐る恐る振り返った。
 クラスメイトの持田栄子が、そこに立っていた。
 そのすぐ後ろには、やはりクラスメイトの男子である永田英二と菅野茂。
 持田栄子。先日梨乃が誘惑し、何度か関係を持ってしまった高橋武の彼女だ。
「なにか用?」
 動揺を隠すように、梨乃は尋ねた。
 まったく隠しきれてなどいなかったかも知れないが。でも、そういうしかなかった。
 持田栄子は、すっと両手を伸ばし、梨乃のほっぺを指先で触った。
 そして微笑を浮かべながら、冗談とはとても思えないそれは凄まじい力で、梨乃の頬をぎゅーっとつねった。
 これが、持田の返事であった。
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ