梨乃2 混沌編
梨乃2 混沌編
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/27
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
梨乃2 混沌編 第3章 3
 高橋は意地悪く、またもや腰を引こうとするが、しかその直後、
 ぬるっ! と梨乃の中に、一気に突き入れていた。
 肉の壁をこすりあげながら、高橋の巨大な分身は一気に奥まで届く。突然子宮の入口を突かれて、梨乃はひゃあああと息を吸い込むような掠れた悲鳴を上げていた。
「入ちゃったあ。高橋のが、あたしの奥まで入っちゃったあ」
 泣きそうな、梨乃の声。
 高橋は深く突き入れたまま、先端で梨乃の突き当たりの感触を味わっていたが、しばらくするとゆっくりと動き始めた。
 引き抜いては突き入れ、股間と股間を密着させてはまた離した。
 くちゅっ、くちゅっ、と粘液の擦れ合う音がその結合部分から漏れている。
「あっ、あっ、あーーっ」
 自動車の騒音があるので、梨乃は我慢することなく恥じらうことなく大きな声を上げた。
 腰を突き出す高橋の動きに合わせて、梨乃の乳房が大きく回転するように揺れている。
 ぶるんぶるん、と自ら作り出した遠心力に引っ張られるように、形を潰しながら大きく揺れている。
「気持ちいいっ、気持ちいいっ、気持ちいいっ」
 梨乃は目を閉じ歯を食いしばり、高橋の腰にしがみついた。
 入れは抜き、入れては抜き、の単調な動作ではあったが、梨乃の膣内では大きく膨らんだ亀頭が肉壁に引っ掛かって掻き出すように刺激しており、それが梨乃を狂わせていた。
「ああ、ダメっ! イクっ! イクっ、イっちゃうよーっ!」
 梨乃が叫ぶと、高橋は腰を前後させる動きを速めた。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ