一つ目狐の少女が泣いた
一つ目狐の少女が泣いた

発行者:鈴倉 蒼
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:一つ目狐

公開開始日:2013/03/21
最終更新日:2013/03/21 23:44

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
一つ目狐の少女が泣いた 第2章 気づいた場所は。
 ■


 ハと気づくと、知らない場所にいた。
何となく、知っている場所のような気もした。
そこは暗くて、大きな町の路地のようで、やっぱり町の路地だった。
一歩出ると、太い通りに出る。
それでもやっぱり知らなくて、通りかかった男に声をかけた。
そいつはまるで、前世紀の貴族なような格好をしていて、
「あの、」
「何かな、坊ちゃん。身分を考えてから声をかけなさい」
振り返った男の顔は笑っていて、言葉は優しくて丁寧だったけれど、
目はまったく笑っていなかった。
不思議に思って辺りを見回すと、馬鹿みたいな格好をした男女がたくさんいた。
多すぎるフリルのついたドレスや、紐のついたスーツ。
高すぎる踵に、やたらボタンと毛皮のついた上着。
完全にそこは、いまや本の中でしか見ない貴族の世界だった。
それから、通りを走っているのはただの車ではなくて、
(あれは、馬車…?)
少しずれて見ると、たくさんの馬車が、馬が通りを走っていた。
直後、後ろから轟音が聞こえて、振り替えるまもなく
「小僧邪魔だ、轢くぞ!!」
あわててもとの路地に飛び込んだ。
パコ、パコ、パコ、ガラン、ガラン、ガラン。
ものすごいスピードで大型の馬車が通り過ぎていった。
口汚く言ったのは、たぶん御者だろう、そこまで教養のある奴じゃないから。
そこまで考えて、ふと自分の体を見て、
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ