一つ目狐の少女が泣いた
一つ目狐の少女が泣いた

発行者:鈴倉 蒼
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:一つ目狐

公開開始日:2013/03/21
最終更新日:2013/03/21 23:44

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
一つ目狐の少女が泣いた 第4章 夜の闇を切り裂くのは、
指がむずむずしてくる。
何かに、それを書き記したいと、そんな願いが、望みが渦巻く。
さまざまな思いが頭の中を巡って、それでも足は悲鳴が聞こえた方へと歩き続けていた。
そして、直感的にここの角を曲がったらソレが見える、と思う。
どこから出したのか分からないが、右手にはペンを握っていた。
左手が胸ポケットへ伸び、手帳をつかんで、取り出そうとしたところに。
ピシャン。
と何かの液体を踏んだ。
予想はついたものの、ゆっくりと見下ろす。
おぼろげな街灯の下でも、その色はよく見えた。
赤い、赤い、真っ赤な液体。
光沢を放つ様子はバラの紅の様でもあって、それ故に何か恐ろしい液体。
街灯からわずかでも離れてしまえば、それはただの黒い液体となる。
思いが渦巻いて、
とうとう現場に来れたのだと、
警察が来るより先に、ソレを見ることが出来るのだと、
そしてソレを自分の手で書き記すことが出来るのだと、
望みがかなうのだと、
それだけ僕は高揚していて、
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ