一つ目狐の少女が泣いた
一つ目狐の少女が泣いた

発行者:鈴倉 蒼
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:一つ目狐

公開開始日:2013/03/21
最終更新日:2013/03/21 23:44

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
一つ目狐の少女が泣いた 第1章 時代錯誤にもその少女は、

 ■


 少女がいる。
目の前に、時代錯誤の綺麗なドレスを着た少女が座っている。
そしてそのひざの上に、一冊の古ぼけて虫食いだらけの本を置いて、
ゆっくりゆっくり読み進めている。
声に出して、誰にでもわかるようにゆっくりと音読している。
それなのに、僕の耳はそれを聞こうとしていない。
規則的にページがめくられるかすかな音は拾うのに、少女の声は聞こえない。
もしかしたら小さな声で読んでいるのかもとあらぬことを考え、口を開く。
そして声は出なかった。
否、出ていたのかもしれない。
なぜなら、少女の肩がピクリと振るえ、顔を上げようとしたから。
そして僕は、少女の表情を見ようとした。

見る前に世界が暗転した。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ