やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~
やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~
成人向アフィリエイトOK
発行者:firebird
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/11
最終更新日:2013/03/11 16:09

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~ 第11章 好き
貴史とはおばさん達が帰ってくるまで毎日 

夕ごはんを届けにいっては・・求め合っていた 

「おはよう 今日おばさん達帰ってくるの?」

「おはよう うん ひとり暮しも慣れてきたのにw」

「ほんとうは寂しかったんでしょ?」

そうゆうと耳元で

「花奈とー え・ちできる方がいい」

と小さい声で言った

「やぁ ばかばか」

「おはよう! 朝から中のいいことで」

「あ 知子!おはよう」

「おぅっ おはよう! じゃ俺 部室に用あるから」

「あ うん」
35
最初 前へ 32333435363738 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ