やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~
やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~
成人向アフィリエイトOK
発行者:firebird
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/11
最終更新日:2013/03/11 16:09

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~ 第9章 思いにふける・・
自分ちの玄関の前に立つと

一回深呼吸してドアを開けた 

「ただいま」

「おそかったわね?」

「うん 貴史と一緒にお母さんのごはん食べたから」

それだけ言うとさっさと自分の部屋に行った

(変・・じゃなかったよね)

部屋にはいるとさっきまでの 貴史とのことが何回も思いだされた


・・キスしたり 

お互いのからださわったり 

・・しちゃったんだ

し・ん・じ・らんないっ!!! 

思い出すとからだが熱くなる

・・貴史は どうだろ・・いま何思ってる?

そんなことばかり考えて眠りについた
26
最初 前へ 23242526272829 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ