やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~
やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~
成人向アフィリエイトOK
発行者:firebird
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/11
最終更新日:2013/03/11 16:09

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~ 第1章 文化祭の準備で・・信じらんない!
「台車のダンボール二人で運ばないといけないね?」

「おぅ・・」

貴史は完全にテンション下がってた 

ほんとガキなんだから 

早く帰りたかったわたしは 持てるだけめいっぱいダンボールを抱えた 

「おい!花奈ムリすんなよ 俺持つからさー」

「いい!大丈夫!」

そう言って足早に運んだ 

教室に入ったところでつまずいてダンボールをぶちまけてしまった 

「大丈夫か?」

「・・うん」

ダンボールを一緒に集めてくれた 

「あっ!わりぃ」

その時 貴史の腕がわたしの胸にあたって

「やわらけ~」

わたしの胸を見る

「ちょ やだ貴史ヘンタイ!」

「健全な男子です(笑)」

急に貴史を男の子だと意識してしまった 

「さ さっさと運んで帰るよ!」

わたしはあわててダンボールを片付け 家が隣なもんだから結局 帰りも貴史と一緒に帰った

「じゃーお疲れ花奈」

「お疲れぇ」

(あーほんと疲れた)
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ