やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~
やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~
成人向アフィリエイトOK
発行者:firebird
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/11
最終更新日:2013/03/11 16:09

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~ 第6章 おとなりで
そうゆうわたしの言葉を聞かず

わたしの腕をひっぱって強引にリビングに連れてった 

「花奈 夕飯食べた?」

「まだ」

「有志たち今日はあっちで泊まるって言ってたから これ一緒に食べようぜ」

そう言ってわたしが持ってきたお夕飯を一緒に食べることになった

「花奈ぁ お茶いれて」

「はぁ?」

「お茶! そこにお茶っぱあるから」

わたしは お客だよ?・・そう思いながら しぶしぶお湯を沸かした 

「急須どこ?」

そう言うと貴史はキッチンにやってきて急須をだした 

「はい これ使って」

「うん」
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ