やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~
やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~
成人向アフィリエイトOK
発行者:firebird
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/03/11
最終更新日:2013/03/11 16:09

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
やぁ・・ん 恥ずかしいよ 幼なじみと初めてのケ・イ・ケ・ン ~ハマってく~ 第6章 おとなりで
わたしは夕飯を持って貴史の家のインターホンを押した 

ドアを開けたのは貴史だった 

「お! どうした?」

「お母さんがお夕飯持ってけって おばあちゃんは大丈夫?」

「おーそっか サンキュー お礼ゆっといて 

ばあちゃんは今は落ち着いてるって さっき連絡あった たぶん疲れだろうって」

「そかーよかったね じゃ」

「なんだよー あがってけよ 寂しいじゃん」

「お兄さんは?」

「有志が車で連れて行ったから一人なの!」

「子どもじゃないんだから」
14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ