青天の霹靂2
青天の霹靂2

発行者:まめ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2013/03/10
最終更新日:2013/03/10 10:36

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
青天の霹靂2 第1章 事件の幕開け
 「ね、上行ってみない」

 みんなが、ホールにある2階から庭を見ている。

 岬はそれに興味引かれたようだ。

 「行ってみますか?」

 忍が言うと、岬は元気よく返事する。

 「うん」

 行って庭を見ると、

 「綺麗」

 「これには、一見の価値ありだな」

 廉も言う。

 「すごい価値ありだよ。これは、奪えないし、どうやったのかな?」

 「う~ん、奪えないけど、こんなきちんと管理も出来ないと思うぞ」

 「そうなんだよね。きちんと管理する人がいたってことかな?」

 「ええ」

 眼鏡かけた優しそうな男が言う。

 「あっ、すいませんお話に割り込んでしまって」

 「いえ」

 「失礼ですが、神崎様では?」

 「そうですが」

 突然名を呼ばれたのに、廉は動じることなく受ける。

 廉にとって、それは日常茶飯事のことだったからだ。

 「ああ、やはり、感激です。こんなところで会えるなんて、経済コラムで拝見しました。そこで、切ることは、いつでも出来る。いかに使える奴に変えていくかが、問題なんだって」

 「嘘くっさ~」

 岬が吹き出す。

 「だって、廉兄は、いかに使えない奴を、早く切るかだもんね」

 「岬さん」

 忍が止めようと口を出す。

 廉は苦笑いして言う。

 「すまない。あれは、コラム用に書いたやつなんだ」

 「だって、どうやって、変えっていくかってことは? 結局は、人任せってことでしょう。そんな奴、結局使えないわ。自分でどう変えていくかが重要なんだと思うな」

 「確かに。そうですね」

 「俺は従業員みんなの生活を握ってる。そうなると、いかに被害を最小限にくいとめるかが、俺の役割になる」

 「なるほど」

 感心したように頷く男。

 「一人一人と向き合っている時間はないんだ。向きあえ
ればいいんだがな。私にはそんなに、時間もないし、完璧な人間でもない。すまない」

 「いえ。余計ファンになりました。失礼しました。私は富山克(トミヤマスグル)と申します」

 「富山さんは優秀なんだね」

 「えっ、私なんか、全然」

 「でも社員で、参加しているの富山さんだけじゃないの?」
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ