青天の霹靂2
青天の霹靂2

発行者:まめ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2013/03/10
最終更新日:2013/03/10 10:36

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
青天の霹靂2 第1章 事件の幕開け
 「相変わらず、可愛い奴じゃ」

 「そんな、滅相もございません」

 「あら、本当よ。私が男だったら嫁にもらいたいぐらいよ」

 穂波は照れる。

 「あれの、妹とは、とても思えん」

 「楽しんでいって下さいね」

 そういって、逃げる。

 「チッ、逃げられたか? つまらん」

 「あれだけ、誉められれば、いずらくて、誰でも逃げますよ」

 忍が苦笑いで言う。

 「そう? だって、あの子、あれの妹だとは思えないぐらい、いい子なんだもん」

 「確かにな。よく気が付く子だよ」

 廉も言う。

 「廉もそう思うでしょう?」

 「ああ」

 「でも、これから、どうやって、暇を潰そうかしら」

 「芸能人もたくさんいますよ」

 「興味ない。あっ、でも、あの人には興味あるかな」 

 「へ~、ああ言うのがタイプですか」

 忍が興味そそられたように見る。

 「だって、あの人凄いんだもん」

 「僕の話かい?」

 そのアイドルが髪を掻きあげながらくる。

 「ええ。凄いなって、思って」

 一体、何が、すごいのだろうと、忍は思う。

 そうすると、廉が教えてくれる。

 「岬には、たぶん、俺たちには見えない何かが見えているんだろう。たぶん、それが面白いことになっているんだ」

 「そういうことか」

 廉と忍がコソコソ話す。

 「でも、そうすると、何かな? 岬さんのあの顔を見ると、すごく楽しいことになっているんでしょうね」

 それに廉も否定しない。

 「ああ」

 「僕がかっこいいってことかい?」

 悦には入ったように言う男に、岬はキョトンとする。

 「誰が?」

 「君はバカにしているのか?」

 男が振り上げた手を、廉が掴み、忍が岬と男の間に入る。

 鉄壁の壁が出来る。

 「何をする?」

 男が手をとろうと、モガくが外れない。

 相手は、焦る。

 なぜなら、廉は軽く掴んでいるだけのように、しか見えないのである。

 それなのに、その手はとれず、男は焦る。

 男が焦っても、廉の表情は涼しげだ。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ