青天の霹靂2
青天の霹靂2

発行者:まめ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2013/03/10
最終更新日:2013/03/10 10:36

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
青天の霹靂2 第1章 事件の幕開け
 「やっぱり、全然違う」

 「ホテルのオープン記念パーティなら、こんなものだろう」

 廉は冷めた眼差しで言う。

 岬は、すごく不満そうだ。

 「そうかもだけど、もっと、陰惨な雰囲気じゃなきゃ。雰囲気味わえないわ。楽しみにしていたのに」

 「そんなホテルに、誰が泊まりに来ますか」

 「私」

 「一人では、集客は望めませんね。たとえ、一年契約しても従業員の給料すら、賄えませんよ」

 ピシャリと忍が言えば、確かにと、岬は頷く。

 「じゃあ、ダメか」

 廉がその間に、受付をすませ、パンフレットを持って戻ってくる。

 「納得したか」

 「一応は、でもヤダ」

 廉はパンフレットをくれる。

 「教会もあるらしいぞ」

 「本当?」

 「こちらが集客の目星ですね」

 「だな」

 二人がいろいろ難しそうな、話をしていると、興味なさそうに、岬は会場を見回す。

 「まだ、かしら? 遅いわね」

 「今日の主賓の一人だから、挨拶周りで忙しいんだろう? 主役は最後の登場だ」

 廉は言う。

 「ふ~ん」

 そう言ってると、早速、その人物が登場した。

 「忍先輩。来てくださったんですね。リルカ感激」

 ハートマークが語尾に付きまくっている。

 「何が、かんげ~きよ」

 岬が吐き捨てるように言ったあと、にっこり笑う。

 「そりゃ、あんな熱烈な招待状もらったら、無視できないでしょう」

 「あら、何のことかしら? リルカ分かんない。先輩、怖い」

 リルカが忍に抱きつこうとすると、それを意外にも廉が止めた。

 「ダメだよ。人の夫に手をだしちゃあ。せっかく、可愛いんだから、他にも目を向けてあげなきゃかわいそうだよ」

 廉がにっこり笑って言えば、ポーッとなったように廉を見る。

 しかし、それはすぐある人物が遮る。

 「お姉さま、お父さまがお呼びです」

 そう言って、妹の穂波(ホナミ)が呼びにくる。

 リルカはポーッとなったまま行く。

 岬は、穂波に挨拶をする。

 「久しぶりね」

 「お久しぶりでございます」

 そういって、頭を下げる穂波。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ