唄う鳥・嘆く竜(前編)
唄う鳥・嘆く竜(前編)
成人向アフィリエイトOK
発行者:行之泉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:唄う鳥・嘆く竜

公開開始日:2010/07/17
最終更新日:2010/08/08 22:41

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
唄う鳥・嘆く竜(前編) 第9章 【 旅立ちの日 】 籠の鳥 ~ ライムント ~その1
 激しい動きを再開され、衝撃を受け入れられなかったクラウスの体が跳ねた。
 ひとつにしていた腕を開放する。
 仲間の出現に拘束する必要が無くなったと思ったのだろう。
 男は両手で腰を掴み、更に激しく動き始めた。
 クラウスの内部を壊さんとするかの勢いで抽挿をはじめる。
 衝撃からクラウスはただ喘ぐことしか出来なかった。
 ベッドが軋みを上げている。
 うつぶせのまま男に圧し掛かられ、揺さぶられる。
 全身が重く、擦られる部分は熱く、力加減なく押さえられた場所や揺さぶられる部分が痛い。
 クラウスは慎重に自分の体の状態を観察しながら、ただ嵐のような暴行が終るのを待っていた。
 だが、心の中では終って欲しくない気持ちもある。
 逃げるための作戦が練れていないからだ。
 暴行を加えている男の息は荒く、動きの激しさから、この行為に耐える時間はそう長くないように思う。この男ひとりだったら簡単だった。
 今までの経験と知恵でなんとか乗り切れそうだった。だが…
…一人だけだと思っていたら、二人か…おれ、無事に逃げ出せるかな。
 クラウスは突然の二人目登場に正直困惑していた。
 今相手をしている男と同じようなタイプならば簡単そうなのだが。どうだろうかと思う。
「デーゲンハルトは逃げちまってたのか」
「そうだ。兄貴」
 新しく現れた男は状況を確認するように言った。
 その男の声。聞き覚えがある。さっきも感じた事を今も感じた。
 瞬間。
 思い出した。
 少し前、風の峠で聞いた声だ。自分の名前も何度も呼ばれた。聞き覚えがあるなんてもんじゃない。まさかと思った。
「こいつが一緒にいた吟遊詩人か…オンナみてぇに細いな…おや…お前…」
 笑いを含んだ声。ソファーで座っていた男は立ち上がりベッドへと近づいてきた。
 うつ伏せで顔が見えないクラウスの顎に手をかけ、無理やり顔を上げさせた。
 抵抗したかったが、こんな状態では出来ない。
 やれたとしても、次に何をされるか判らないから怖くて従うことしか出来なかった。
 クラウスの視線の先で見覚えのある男の顔があった。
 風の峠の盗賊団の首領の顔だ。
…どうして…?
 クラウスは困惑と戸惑いを顔に表す。
 そんなクラウスの表情を見て、目の前の男は楽しそうに嫌な感じの笑いを浮かべた。
77
最初 前へ 74757677787980 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ