唄う鳥・嘆く竜(前編)
唄う鳥・嘆く竜(前編)
成人向アフィリエイトOK
発行者:行之泉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:唄う鳥・嘆く竜

公開開始日:2010/07/17
最終更新日:2010/08/08 22:41

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
唄う鳥・嘆く竜(前編) 第6章 【 収穫祭 】 夜に啼く鳥 ~ デーゲンハルト ~ その2
…父さんと旅していた時には、時々こんな気持ちになったっけ。
 憶えた唄を忘れないように、久しく唄わなかったを唄うように言われることは度々あった。
 クラウスが忘れていたら。困ったような苦笑をして静かに根気よく教え直してくれた。
 懐かしい父親の姿が脳裏に蘇ってきた。
 あの頃は世の中のことを何も知らない子供だった。今は…今の自分を見たら父はどう思うだろう。あまり褒められた行状ではない事は判っている。そう思ってクラウスは自嘲気味に笑った。
 でも父は今際の際に望んだ事は少ない。「思うままに生きてくれ」と、それだけを願ってくれた。
 自分自身が安心して生活できる事が一番だ。
 そう思うと、今の道も悪い選択ではない。
 ちょっと困った顔するかも知れないけど、「まぁ。仕方ないか」と受け入れてくれそうな気もする。 そんな大らかな部分も持っていた人だった。
 父を思いながら、同じような年齢のデーゲンハルトを眺めると、彼は考え込むように俯いていた。
 少しして閃いたような明るい表情で顔を上げる。
「では、『嘆きの竜』を…希望を言ってよければ、さっき最後の唄から聴きたいですが…」
…良かった。得意中の得意な曲。
「ええ。もちろん構いませんよ」
 クラウスは心からの満面の笑みでデーゲンハルトの言葉に答えた。
 得意な曲を唄うと、いつもの調子が戻ってくる。
 デーゲンハルトはクラウスが唄っている間、愉しそうにそれを聴いていた。
 クラウスが唄っている間に、デーゲンハルトは部屋の棚の中から足付きの酒杯と酒瓶を取り出した。
 クラウスと自分ように注ぎ、干した果物や木の実の入った器をテーブルの上に出した。
 曲が終ると酒と器の中のつまみを勧める。
 クラウスが酒杯を持ち上げると、酒場でやった時と同じように古風な作法で乾杯をした。
「素晴らしい。心に染みる歌声です」
「お褒めいただきありがとうございます」
 素直に心から出た言葉と判る褒め言葉。
 クラウスは形式的に応じながら、とても嬉しく感じた。
 自分の唄を客に喜んでもらうのが吟遊詩人にとって一番の喜びだ。
 この仕事をしていて良かったと純粋に思った。
「唄の内容はさっき話をした通り、一番よく聞く唄とは違いますね」
「そう…みたいですね」
39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ