唄う鳥・嘆く竜(前編)
唄う鳥・嘆く竜(前編)
成人向アフィリエイトOK
発行者:行之泉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:唄う鳥・嘆く竜

公開開始日:2010/07/17
最終更新日:2010/08/08 22:41

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
唄う鳥・嘆く竜(前編) 第4章 【 収穫祭 】酒場にて ~ ウォルフ ~ その3
 ウォルフは気まずそうな複雑な表情をした。
「そうだな」
「おれは。お前のおごってくれた御馳走を堪能してから、ゆっくりイイ人を探すさ。今度こそひとつ処で暮らせるよう頑張るよ」
 別れの言葉を口に出す。
 ウォルフは次の任務で何年も戻れなくなるかもしれないと言っていた。
 祭りの日には会う約束をしていたが、それだけの関係だった。
 もしかしたら、これが今生の別れかも知れないと思う。
 クラウスの言葉を聞いて、ウォルフの瞳に哀しく切ない色が浮かぶ。
 俯くと、唇を噛み、考え込む。
 少しして顔を上げる。
 ウォルフは緊張した表情でクラウスを見た。
「上手く行ったら…いやいかなくても。手紙をくれるか?」
「うん。判った」
 親しい友人として、ずっと付き合っていきたいと思ってくれた。
 そんな意味をウォルフの言葉に感じて嬉しくなる。
 思いのままクラウスが返事をすると、ウォルフはこの国に住む誰もが知っている名家の名前と屋敷の場所を口にし、ウォルフの正式な名前を告げた。
 吟遊詩人で鍛えた、クラウスの記憶力の中にその情報はするりと滑り込んだ。
 もし定住できなくても、旅先で便りを出そうと思う。初めて出来た友人の友情にこたえるのは、そんなことしかない。
 そんなことをクラウスが考えていたら、ウォルフが真剣な声で名前を呼んだ。
 今まで聞いた事のないような緊張をはらんだ声色だった。
「クラウス」
「何?」
 常ならぬことに身構えて、ウォルフを真っ直ぐ見つめる。
 ウォルフの瞳がクラウスを痛いほどの視線で見つめている。
 まなざしは熱く、クラウスは逃げ出したくなる。
 茶化した言葉で誤魔化したくなるが、我慢した。
 だがウォルフが言った言葉に、クラウスは驚愕のあまり我を忘れた。
「祭りの最後の日。俺と過ごしてくれないか」
26
最初 前へ 23242526272829 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ