唄う鳥・嘆く竜(前編)
唄う鳥・嘆く竜(前編)
成人向アフィリエイトOK
発行者:行之泉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:唄う鳥・嘆く竜

公開開始日:2010/07/17
最終更新日:2010/08/08 22:41

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
唄う鳥・嘆く竜(前編) 第2章 【 収穫祭 】酒場にて ~ ウォルフ ~ その1
 柔らかいパンも皿に盛られて出てくる。幾つかランクのあるうちの上等のパンだ。高級な粉を使い、上等の乳と油を使った、なかなかクラウスには味わえない一品だった。
 そう言えば、肉や魚の焼き物の頼んでたっけ。
 そう思ったら途端に空腹を強く感じた。
 隠せない腹の鳴る音がして、クラウスは恥ずかしくなった。
 ウォルフはくすりと笑うと「今日は俺の奢りだから存分に食えよ」と頼もしい言葉を言う。
 いつもは加減しろよとか何とか釘を刺すようにいうのに。
 今日はやっぱり異常なくらい気前がいい。喜ぶべきことだが、いつもと違う。何だか薄気味が悪い。本当におれの知っているウォルフか?と聞きたくなる。
 その疑問を解決するため。クラウスは口を開いた。
「気前がいいんだな」
「まぁ。取り合えず食事で釣ろうと思っているからな」
「釣る?おれを?…何の事だ?」
「まぁまぁ。その話しは後だ。まずは乾杯と行こうぜ」
「そうだな」
 ウォルフの言葉から何か頼みごとがあるのだとクラウスは判った。
 ならば遠慮はいらない。
 ウォルフの言うように存分に食べよう。旅の間食べられなかった分まで。
 クラウスは愉快な気分で思った。

「一年ぶりの再会に」
 ウォルフは杯を手に取ると軽く上げた。
 クラウスもウォルフに応えるように笑顔で杯を上げる。
「美女を射止めたウォルフの幸運に」
 クラウスの発した言葉を聞いて、ウォルフは少し渋い顔をした。
「おいおい。早々に絡むなよ」
 てっきり羨ましがらせるように自分の幸運をひけらかすと思ったのに、予想していた表情と違ってクラウスは不思議に思う。
 また疑問は沸いたが、取り合えず乾杯だ。
 祭りの礼儀にならって、杯と杯を軽く合わせると、二人とも一緒に杯をあおった。
 空きっ腹に酒が流れ込んでくる。
 クラウスは腹の中が焼けるように熱くなるのを感じた。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ