多発性硬化症の人間が思うこと
多発性硬化症の人間が思うこと

発行者:まめ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2013/02/22
最終更新日:2013/03/03 18:30

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
多発性硬化症の人間が思うこと 第1章 命の重さとは
 命はすべて同じ重さだという人がいるが、でも、果たして本当にそうだろうか?

 私たちは、確かに動物や魚には、大切にと言うが、それが昆虫になったら、どうであろうか。私たちの思いは、あまりいかなくなる。だって、昆虫になると標本にして、綺麗さを競う。
 
 けして、同じではないのだ。愚かな人間たち、でもそうやって我々は生きていくのだ。どんなに、愚かでもそれが人。

 けして命に平等なんてあり得ない。なんて、愚かな人間。この世界で、自分たちが一番と思ってる。なんて、傲慢な人間なんだ。

 この世に、いらないものなんてない。どんなものにも、必ず意味がある。愚かな人間はそれに気づきもしない。だからこそ、人は生きていけるのかもしれない。

 人は、この世界の一番、上に君臨していると思っている。果たして、そうだろうか? それが、壊れたとき人はそれにどう、あがらうであろうか? でも、人はそんな日が来るとは、思わない。それで、良いのかもしれない。
2
最初 前へ 123456 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ