守部の揺籃歌
守部の揺籃歌
完結アフィリエイトOK
発行者:かぼし冬佳
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2013/02/09
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
守部の揺籃歌 第1章 序、魔女と使い魔
「暇だわ」
 屋根の上で星を眺めながら、ヤレーゼは呟いた。
 長いふわふわの巻き髪は耳元で二つに結ってあった。髪の毛は珊瑚色だ。同じ色の瞳は稀に見られる紅水晶の結晶のように透明だった。
 手には温かい牛乳の入ったマグカップを持っている。
 ヤレーゼはこの森に住む魔女だ。「高額な商品と引き替えに願いを叶える」と看板を掲げていたが、貢ぎ物や参拝客に溢れていたのは、もうずっと昔のことだった。
「平和な証。良いことじゃないですか」
 ヤレーゼの隣から声が上がった。ヒトではない。黒猫が気だるそうに頭を掻いている。
「クロイ。それじゃあ困るのよ。今月も『赤字』なんだから」
 クロイと呼ばれた黒猫は呆れたように尻尾をぱたりと振った。
「どこの世に戦乱を望む人がいるんですか」
「ここにいるわ」
 クロイはため息を付いた。
「だいたいそれはヤレーゼ様が食べるからでしょう? 全く、どんな胃袋してるんですか」
 クロイはヤレーゼの使い魔だ。主に対してこの物言い。恐ろしく神経の図太い持ち主である。
「仕方ないじゃない。お腹が減るんだもの」
 ヤレーゼは食べるのが好きだ。そりゃもう四六時中と言っていいほど、常に何かを口にしている。ヤレーゼのローブのポケットにはキャンディが常備されていた。
「甘いもの食べ過ぎると、虫歯になりますよ」
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ