俺様王子の恋愛街道
俺様王子の恋愛街道
アフィリエイトOK
発行者:かぼし冬佳
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/02/09
最終更新日:2013/02/09 18:45

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
俺様王子の恋愛街道 第4章 第三章、俺様王子と光の君
 朝食はたっぷり身の詰まったベーグルサンド。ブルーベリーのジャムと山羊のような癖のあるチーズが挟んであり、食べやすいように半円にカットされていた。飲み物は白いミルクのようなもの。ウォーレンは、最後に用意された、柔らかい感触の葉っぱをナプキン代わりにすると、テーブルを見渡した。皆がおもいおもいに話をする中で、ウォーレンは適当に相打ちをしながら、木々のざわめきに耳を澄ませて、気になる音を見つける。さわさわという葉の擦れる音に混じって、シュッ、シュッという、何か空気を切る摩擦音が聞こえるのだ。トールに目配せすると、トールも怪訝そうに眉根を寄せた。
メイヴィットに問おうと、顔を向けた瞬間、シーニィの歓喜の声に阻まれた。
「カロちゃ~ん。おっそいわよ~。アタシたちもう済ませちゃったわよ」
 枝のアーチの向こうから現れたのは、中肉中背の女性。肩に着く程度のストレートな髪は、木の幹を濃くしたかのよう。髪と同じ色の瞳がウォーレンを捕らえた。
「構わない。フィーリーへようこそ、スタッピアの友人方。どうぞゆっくりしていって下さい。メイ」
 表情の読めない顔が、ウォーレンから視線を外した。ウォーレンの背を冷や汗が伝う。
「遅くなってすまない。良くない事実を告げる託宣が出て占い直したら、こんな時間に」
「大丈夫じゃ、カロ」
 メイヴィットが立ち上がる。ウォーレンもつられて、席を立った。
「紹介しようぞ。こちら我が国の参謀。占いを生業としておられる」
「初めまして。カロ、とお呼び下さい」
「よろしく、カロ殿。私のことはウォーレンと。こちらは従者のトール」
「カロ様。よろしくお願いします~」
 平生を装って自己紹介をしてみたウォーレンだったが、やっぱりカロは眉ひとつ動かさない。
43
最初 前へ 40414243444546 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ