俺様王子の恋愛街道
俺様王子の恋愛街道
アフィリエイトOK
発行者:かぼし冬佳
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/02/09
最終更新日:2013/02/09 18:45

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
俺様王子の恋愛街道 第4章 第三章、俺様王子と光の君
 ウォーレンは驚いて声すら出なかった。これも魔法なのかという考えがちらりと頭を掠めたが、感情がついていかなかった。
 大皿がテーブルに置かれる瞬間、魔法の正体が現れた。人間の頭、ひとつ分くらいの大きさの羽の生えたエルフが、皿をゆっくりとテーブルに降ろしたのだ。背中から生える二対の羽は、薄い水色で向こう側が透ける程だ。
 髪の毛はシーニィやロキーナと同じく金色で、どちらかというと白光のように光を反射している。皆、一様に髪の毛を縛っていたが、性別があるのか、花を頭に差してドレスを着ている者と、裾の窄んだパンツを履いている者がいる。ウォーレンがじっと見つめていると、皿を置き終わった彼らは、メイヴィットの周りをぐるぐる飛び始めた。
「妖精じゃ。妾の為にとてもよく働いてくれる。魔法の欠片が生み出した生き物じゃよ」
 メイヴィットがふわり、と手を持ち上げると、妖精たちはキスをして、大広間から出て行った。
「喋らないんだな」
「妖精は話すことを必要としないのでな。でも唄は歌ってくれるぞ」
「妖精が歌うのはメイヴィット様の為だけだ。お前なんかには断じて聞かせてやらん」
 テーブルの端で息巻くロキーナに、シーニィが生温い視線を投げ打った。
「それを決めるのはメイヴィット様でしょ、ロキーナ。ああ、ウォーレン、妖精の行動権は全てメイヴィット様が握っているのよ」
 ウォーレンは頷いた。
「メイヴィット殿は愛されているんだな」
 ウォーレンの発言に、シーニィが意味ありげにロキーナを見てから、笑った。
「ここにも熱心な崇拝者がいるわよん。この森自体がメイヴィット様の命そのものなの。森の主だからこそ、メイヴィット様は大地の声を聴き、配慮し、時には囁きを返すのよ。アタシたちはそれを補佐するのが役目」
42
最初 前へ 39404142434445 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ