俺様王子の恋愛街道
俺様王子の恋愛街道
アフィリエイトOK
発行者:かぼし冬佳
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/02/09
最終更新日:2013/02/09 18:45

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
俺様王子の恋愛街道 第4章 第三章、俺様王子と光の君
「おはよう、メイヴィット殿」
「うむ、お早う。何の話をしておったのじゃ? 妾も混ぜてくれ」
「朝食の席でゆっくりと伺いたいことがある。良いかな?」
 この際、トールの表情は見ないことにする。容易く想像できるからだ。腹が立つので、ウォーレンは脳裏に浮かんだトールの微笑みを消した。
「勿論じゃ。殿方の着替えに妾がいては悪い。先に参っておるぞ」
 音を立てずに歩くメイヴィットの後ろ姿をウォーレンは見送った。

 地面は相変わらず粉雪が積もったように白く、ふわふわしていた。ウォーレンは白い塊を掬ってみる。仄かにヒンヤリとした感触があるが、スタッピアの雪のように、手のひらの上で溶けたりしない。
 太い枝のアーケードを抜けると、ひらけた大広間に出た。そよ風が耳を掠って、音が鳴った。ウォーレンは立ち止まって、目を瞑り、大きく伸びをした。
 爽やかな朝の空気が心地よい。太陽はまだ昇り始め。空気は冷えて、夏の軍服には肌寒い程だ。思えば、フィーリーの入り口まで、山道を長い距離歩いて登ったのだ。ウォーレンはトールを振り返る。トールは黙って頷いてくれた。トールの肌は、いつにも増して白い。氷のように。
「ウォーレン様、早くお座りになって。アタシお腹ぺこぺこなのよお」
 既に席についているシーニィの声に、ウォーレンははっと我に返りテーブルに歩み寄る。
「お待たせして申し訳ない」
「全くだ」
 今日もロキーナは不機嫌そうだった。ウォーレンとトールがテーブルにつくと、料理が運ばれてくる。皿だけが。
 ウォーレンは運ばれてくる光景に圧倒された。料理の載った大皿だけが宙に浮いて、動いている?
41
最初 前へ 38394041424344 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ