俺様王子の恋愛街道
俺様王子の恋愛街道
アフィリエイトOK
発行者:かぼし冬佳
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/02/09
最終更新日:2013/02/09 18:45

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
俺様王子の恋愛街道 第4章 第三章、俺様王子と光の君
 背中をつうと撫でられたみたいに、寒気が走る。ウォーレンは自分の腕をまくってみた。
 鳥肌が立っていた。
「ウォーレン様ったら、道中一度も名前を呼んでくれないんですもの。アタシ寂しかった」
 ウィンクを決めるシーニィ。ウォーレンの全身が泡立った。
「シーニィ様。そこまでにして下さい~。ただでさえ、殿下は、シーニィ様に会ってから多大な衝撃を受けているんです~。これ以上は殿下の許容量オーバーしてしまいますよー」
 トールの慌てたような声が横から聞こえた。
 フォローが胸に染み入るウォーレンである。
 はっ、と馬鹿にしたような笑い声が起こり、ウォーレンを含め全員の視線が向いた。ロキーナが、ウォーレンを真っ直ぐに見つめていた。
「軟弱な奴だな。おっと、失礼」
「お前っ」
 ウォーレンが、勢いよく立ち上がった時である。
「ロキーナ、謝るのじゃ」
 静かな音が、場の雰囲気を砕いた。ロキーナの眼差しが若干穏やかになる。
「何故ですか、メイヴィット様。俺は真実を告げたまでですよ」
「お主は未知の者に会ったことはなかろう。ウォーレンにとって妾たちは今日知った友じゃ。妾たちは人間を知っておるが、ウォーレンたちはエルフを知らなんだ。驚くのも無理はなかろうて」
「俺は、闘います」
「未知の存在とか? 己とか?」
 メイヴィットの質問に、ロキーナは言葉に詰まったようだった。一瞬、沈黙が降りる。
36
最初 前へ 33343536373839 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ