俺様王子の恋愛街道
俺様王子の恋愛街道
アフィリエイトOK
発行者:かぼし冬佳
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/02/09
最終更新日:2013/02/09 18:45

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
俺様王子の恋愛街道 第4章 第三章、俺様王子と光の君
「待ちわびたぞ、ウォーレン! 妾はお主に会いたかった」
少女の背丈は、一五〇センチに近いトゥズラと同じくらいだろうか。頭がウォーレンの胸の辺りで動いている。
 夏の日差しに映える濃い緑色の髪は、さらさらと音がしそうだ。少女の動きに合わせて左右に踊る。
「メイヴィット様、落ち着いて下さいねえ。ホラ、王子様、固まっちゃってるから」
「む。それはいけない。ウォーレン。失礼した。向こうでゆっくりと話そうぞ」
「何故」
 ウォーレンは、衝撃で固まっていた。トールとシーニィが何か言っている。言葉は脳に飛び込んでくる。ウォーレンはそれを理解することはできる。しかし、脳の処理は追い付かない。まどろっこしかった。ウォーレンは、メイヴィットの両肩を鷲掴みにして、まじまじと見つめた。
「君がどうしてここにいる?」
 ようやく言葉を絞り出した。
 濃緑の長い髪。穏やかな茶色の双眸は悪戯に光る。華奢な身体。抜けるように透明な肌色。黄緑色のドレスは、身体に密着するような型だ。
「どういうことですか、殿下」
 トールが、口を挟む。
「夢(くだん)の女性だ」
 呆けたようなウォーレンの声に、メイヴィットの笑い声が響く。
「まあまあ、立ち話も良いけど、フィーリーには美味しい紅茶もあるのよ、ウォーレン様。ゆっくり座りながらでもいいでしょう?」
 シーニィがメイヴィットをウォーレンから引き離す
32
最初 前へ 29303132333435 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ