俺様王子の恋愛街道
俺様王子の恋愛街道
アフィリエイトOK
発行者:かぼし冬佳
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/02/09
最終更新日:2013/02/09 18:45

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
俺様王子の恋愛街道 第2章 第一章、俺様王子と不機嫌の種
「あれ? 殿下ってば、どうしたんです~? うな垂れて」

 軽いノック音の後に、従者のトールが書類の束を抱えて、執務室に入ってきた。
 ウォーレンは顔を上げる。
 頭の高い位置で一つに結った真っ白な髪は、突然変異によるものだと、ウォーレンは聞いていた。女性が夢見る騎士のように、肌は白く、女のようだ。本人に言うと怒るのだが。
 しかし、身体は、決して華奢ではなく、背は高い方で、しなやかな仕草からは想像がつかないほど、鍛え抜かれていた。が、全体的な線は細い。
 ウォーレンの三歳上のくえない従者。
 騎士の普段着である、青空を濃くしたような色の軍服を着ていた。
トールが、自分の執務机に持っていたものを、ドンと音を立てて置き、ウォーレンの方へ歩いてくるのを黙って眺める。

「また、随分な量だな」

「ええ、殿下は仕事が速いからと。はい、陛下からの恋文です」

「あのクソ親父」

 トールの曇り空の瞳が曖昧に弛む。
 ウォーレンは、トールから、一枚の紙を受け取る。
 それは正しくは、ガートン王の従者・スカイからで、一言「お世話をかけます」とあった。

「相変わらず、達筆だな」

 まあ、いいか。と、ウォーレンは呟くと、目の前の壁に気付く。

「ん? なんだよ」

「いいえ? 殿下にも素直なところがあるんですねえ」

 トールは、にこやかな表情を浮かべて、机の上とウォーレンの顔を見比べている。

「何が……」

 トールの視線の先を辿ると、日記帳に行き着いた。慌てて、ウォーレンは日記帳を閉じる。

「別にお前に言われたからじゃないからな」

「わかってますよ~」

 トールの口角が面白そうに上がる。

「殿下の悩みはそこまで深刻だったんですねえ。何て書いたのですか?」

「教えるわけないだろ」

 すると、トールはふふふ、と意味ありげに笑った。

(コイツ、後で覗き見するつもりだな)

「厭ですね~、私にそんな趣味はないですよ」

 東に大きく開け放った窓から、穏やかな風が吹く。真夏のスタッピアは、乾燥していて喉が渇くのだ。ウォーレンの口内は、干からびかけていた。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ