俺様王子の恋愛街道
俺様王子の恋愛街道
アフィリエイトOK
発行者:かぼし冬佳
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/02/09
最終更新日:2013/02/09 18:45

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
俺様王子の恋愛街道 第3章 第二章、俺様王子とフィーリーの使者
「とても疲れているのね。普段のアナタのお守りと、夜もあまり寝てなかったみたいだし」
 言われてみれば、とウォーレンは思う。トールの眠っているところを見た事がない。いや、あるにはあるのだが、彼は視線を感じるのか、直ぐに目を覚ましてしまうのだ。
 それを当たり前のように感じていたウォーレンだったが。
「まあ、主人の前で熟睡する従者は言語道断だけれどね」
(借りは作りたくなかったんだが)
 先程のことといい、今気づかされたことといい、まだまだウォーレンが気付いていないだけで、トールはたくさんのことから守ってくれているのかもしれない。
 ウォーレンたちの視線に気づいたのか、トールが身じろぎした。ゆっくりと顔を上げ、ウォーレンを見て、慌てたように立ち上がった。トールのそんな立ち振る舞いは、普段滅多に見られない。
「申し訳ありません、殿下。いつの間にか深く眠ってしまったようです。いつもはこのようなことはないのですが、この不思議な空間のせいでしょうか」
 不思議な空間。トールの言葉に、ウォーレンは納得する。
 ウォーレンたちが休息を取っていたのは、エルフの道に入ってから、半刻程歩いた場所で、さらにシーニィが結界を張った中だ。
 結界を張る必要性についてウォーレンが尋ねたところ、シーニィは「安眠のおまじないよ」と淑女のようにころころと笑ってみせたのだ。
 結界が功を奏したのか、ウォーレンはぐっすりと眠りに引き込まれたのを思い出す。
「悪いトコロだけじゃないでしょう?」
 シーニィがウォーレンの隣で微笑んだ。
「魔法にもいい使い方はたくさんあるのよ」
「何か食べる?」と訊かれて、ウォーレンはお腹の空腹感を自覚する。
 だが、ここで食べるのはウォーレンのプライドが許さない気持ちがあった。しかし身体は正直だった。きゅるきゅるきゅると確かな音が、ウォーレンのお腹から鳴る。ウォーレンは穴を掘って埋まりたくなった。
「戴きましょう、殿下」
 トールの言葉に、ウォーレンはしぶしぶながら頷く。このまま断っても、意味のないことをウォーレンは自覚した。シーニィを見れば、やれやれ手のかかるヒトねえ、と声が聞こえてきそうなくらい、苦笑いを浮かべていた。
28
最初 前へ 25262728293031 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ