ココロタクシー
ココロタクシー
アフィリエイトOK
発行者:紫乃
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2013/01/28
最終更新日:2013/01/28 14:11

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ココロタクシー 第2章 2頁目、僕らの仕事
…さて。スターリーは別として僕らはみんな偽名を使っている。

信用できないから、とかそんなのじゃないけど、きっと忘れたい過去とかあるんだろうね。

まあ僕も、色々あってこんな名前なんだけど。

そして、みんな天気の名前なんだよね。

サンダーが言うには、ノリらしいけど…

気に入ってるし、いいか。

あと、僕らは
繋ぎ所職員の証として
左手にリボンを結んでる。

僕は白、サニーは赤、サンダーは黄、レインは青。
スターリーは特別、緑のスカーフを巻いてる。

繋ぎ所といえば、こんなものかな…。

あ、あとは僕が所長ってことくらい。
あんまり関係はないけどね。

「…クラウド、依頼が入ったわよ。人間の女性、レイラさんから」

「あ、うん了解ー」

…仕事だ。
人間からの依頼の場合は僕かレインの元に電話がくる。

幽霊からの場合は、ここに直接くるかサニーかサンダーに知らせが入る。

大体の依頼は
「死者の声が聞きたい」とか
「話がしたい」とかが多い。

報酬は人間側から頂く。
依頼が幽霊からだった場合は、人間から頂くかその場に応じて…ね。

じゃあ、仕事に行こうか。

「ココロタクシー、発進!」

「おー!!」


5
最初 前へ 123456 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ