出会いを含めた人生 短編集
出会いを含めた人生 短編集
アフィリエイトOK
発行者:ドウガ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2013/01/27
最終更新日:2013/01/27 20:24

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
出会いを含めた人生 短編集 第6章 肝試し編
そして行く前にD男に昨日何があったか一部始終話し
その場所までまたまたバイクで行くことになりました。
一時間かけて現場に到着したと同時にD男が俺の後ろで何かやり始めました
何をやっていたのか、俺にはわかりませんがこれで大丈夫と言われたので
OKなんだなと思いD男に聞いてみました。
 
 俺:「で、何人付いてきてたの?」
D男:「ん?3人かな~よく平気だったなお前、あ、弱いやつだったからか」
 俺:「まー俺はそういうの鈍感だしなー」
D男:「でも、あまりこういう所に行かないほうがいいぞ」
 俺:「いざとなったらお前がいるから平気だろ^-^」

そんなこんなで無事払うことができたらしく、そのままついでに
鎌倉の街を観光していき、地元に帰りいつも溜まっている場所へ行くと
昨日行ったメンバーが既に集まっていました。

友達:「お?昨日の話題の人物が登場しましたよ~」
 俺:「話題?なんのことだ?」
友達:「いや昨日お前がトンネルから走ってきたときかなりやばかったぞ」
 俺:「え?お前等にも見えてたの?」
友達:「お間の後ろにうじゃうじゃいたからな~」
 俺:「マジかよ!D男それマジなの?」
D男:「マジだよ^^でももう大丈夫だから心配すんな」
友達:「大丈夫なのかよ!あ、まさか今日行ってきたのか?」
 俺:「勘がいいね!行ってきたよ」
友達:「それならもう平気だな!じゃああの老婆は何かわかったの?」
D男:「それはアレだよ どうが本人が一番わかってると思うので言わない」
 俺:「いや、わかりませんがなんですか?」
D男:「秘密です!知らないならそれでいいんだよ」

なにはともあれ無事でよかったと今ではD男に対して
感謝の気持ちでいっぱいです。
そしてD男なんですが、今ではどこかのお寺で働いているとのとこです。
そして老婆の正体なんですが、今でもわかりません。
32
最初 前へ 29303132333435 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ