出会いを含めた人生 短編集
出会いを含めた人生 短編集
アフィリエイトOK
発行者:ドウガ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2013/01/27
最終更新日:2013/01/27 20:24

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
出会いを含めた人生 短編集 第5章 旅行編
旧天城にはバイクで行くことにしたんですが、夜走るとなると
俺のバイクに問題がありましてね、その問題が
ヘッドライトが前ではなく上を照らすんですよ(笑)
なので下のほうなんか見えないんですよ!!
でも原付で行ったんです!まだ砂利道だってことも知らずにね!

そして目的地に到着し原付で旧天城街道を通ることに
進むこと約10分!なにやらトンネル発見!すごく狭いトンネルでした。
そのトンネルを見つけた途端にA男が提案してきました。

A男:「バイク降りて一人づつ通らない?」
 俺:(何言ってんだこいつぅぅぅぅアホなのか!)
B男:「じゃあ多数決で決めようぜ」
C男:「んじゃ歩いて一人づつ入りたい人~?」


A男:「はーい」
B男:「はーい」
C男:「はーい」
 俺:「はーい」
D男:「マジデ言ってるのか?」


D男:「まぁ決まったことだし行くしかないよなぁー」
A男:「行かないって行ったら輪が乱れるからな(笑)
C男:「順番どうしようか?」
 俺:「ジャンケンでいいじゃん」
B男:「お?じゃあジャンケンで」


ジャンケンは勝った人が先に順番を言って行くことにしました。
そして俺が一番最初に勝ったにも関わらず、何を血迷ったか
一番最後でいいよと言ってしまったんです。
こんなのは当然1番手と5番手が怖いに決まってるんですよ!
何故なら1番手は最初に向こう側に行った時一人で待ってなきゃいけない
5番手は一人取り残されるみたいな恐怖ですね!
でもそんなことは気にしないMな俺
こんな暗闇に一人残るなんてとか考えるわけでもなく
順番が決まり以下の通りになりました。


A男 C男 D男 B男 俺
左から12345です。

トンネルの長さは約100m程度で幅は人が二人通れる程度でした。
まずはA男から、そしてC男、次D男
そのとき俺は必死にB男にお願いしてました。
順番変わってくれない?とね!
若しくはか弱い私を一人にしないでとね!
そんな頼み聞いてくれる優しいB男ではないので行ってしまいました。

23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ