最強彼女
最強彼女
アフィリエイトOK
発行者:草薙若葉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/07/15
最終更新日:2010/07/15 16:28

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
最強彼女 第1章 弱い僕と強い彼女
「最近、お前美夏ちゃんと仲良くね?」

小学生の頃、友だちだった(しかも高校に入るまでずっと一緒のクラスだった)

甕山慶太郎(みかやまけいたろう)が数年ぶりに話しかけてきた。 

慶太郎は、一言でいえば人懐っこくて可愛い。

例えると、そう・・・まるで、犬みたいだ。

誰にでも、愛想を振りまく。

だが、高校に入るとクラスが違ったせいか、友達が多くなったせいか、、

もっとほかの理由があったせいか、

分からないけど、一言も言葉を交わしていない。

あ、でも一回あった。

中二の時の給食時間。



「コロッケ、俺にくれ」

「い、いいよ、あげる・・・」



本当は食べたかったのに、あげたことを、そのあとすごい後悔した。

ついでに、言っとくが、慶太郎は『彼女』のファンクラブの部長である。

彼女の素顔が、ああだと知ったら失神するくらい驚くのだろうか?

僕は、少し思った。

「い、いやそんなことないよ」

「そんなこと、あるだろ。俺、知ってんだからな。昼休み、美夏ちゃんと話してること」

「いや、話してたっていうか・・・脅され・・・」

そう、毎日毎日『あのこと』を言ってないか確かめられるのだ(拷問に近いやり方で)。

「?」

僕は、あわてて手で口をふさいだ。

彼女が、こっちを睨んでいるのが、わかったからだ(地獄耳か?)。

「どーした」

慶太郎が、訝(いぶか)しげに僕を見る。

「ううん、なんでも」

「とにかく!!」

慶太郎が、僕の机をバンッと叩いた。

その音で、周りの視線が集まる。

「今後もそういう、行動がみられるなら学年中でお前をハブることだって、俺には簡単にできるんだからな!」

僕は、いつもと違う慶太郎にビクつきながらうなずく。

「よしっ」

慶太郎は満足したらしく、いつもの笑みで自分の組へ帰って行った。

っていうか、今日の件について昼休みに、こってりと彼女にしぼられることだろう。

それは、みんなにハブられるより、僕にとっては怖いことだった(いつも、ひとりぼっちだし)。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ