最強彼女
最強彼女
アフィリエイトOK
発行者:草薙若葉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/07/15
最終更新日:2010/07/15 16:28

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
最強彼女 第6章 噂
教室に入ると、「おはよ~!」と、とびきり甘い山ノ内さんの声が聞こえてくる。

それはいつもと変わらない。

でも・・・

「軽山田は?」

「あいつぅ~?知らない。登校拒否なんじゃなぁい??」

「登校拒否?なんで?」

「ほら~ダーリンが首締められたんじゃん??そのあと、皆にひかれて先生にも怒られて、教室でてっちゃったよ~」

そうか・・・そうだったな・・・。

皆にばれたのか・・・。

前までは、早くばれろって思ってたのに・・・。

「って、なにげにダーリンってよぶなぁああああああ」

「だって、ダーリンでしょ?」

「いつ、お前の彼氏になった!!!?」

「なってないけどぉ、ダーリン私の事好きでしょ??私の事もハニーて呼んでいいよぉ」

絶対呼ぶもんか!!

山ノ内は、髪の毛をいじりながら言う。

その発言に周りは、どよめいた。

「お前!翔子様の事を好きなのか?!」

僕の元へすがりついて来たのは、山ノ内のファンクラブの部員である。

「やめぇええい」

教室中に響き渡る声を放ったのは、山ノ内のファンクラブ部長・南藤好男(みなどうよしお)である。

彼は、ナルシストな事で有名だ。

「でも!本当の事を確かめ・・・いて」

南藤はハリセンで部員達を叩いた。

「翔子様がたとえ彼氏ができたとしても!!愛すと誓ったのを忘れたのかぁあああ!!」

「忘れてません!」

「よし!それでこそ僕たんの部下だ!!」

一人称僕たんって・・・。

っていうか熱(あち)ぃーな。

面倒くさそうだから、なるべく関わらない様にしておこう・・・。

僕はそっと離れようと後ろを向いた。

「西山和也!!!この僕たんが何度アピールしても振り向かなかった翔子様が振り向いた

っていうことはお前に何かあるってことだ!!翔子様を大事にしたまえよぉぉぉおぉぉぉっぉぉおおお」

声が震えている。

最終的には、号泣しやがった。

部員達もそれにつられて泣き出す。

あぁ、なんでこんなのが同じクラスなんだ。
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ