最強彼女
最強彼女
アフィリエイトOK
発行者:草薙若葉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/07/15
最終更新日:2010/07/15 16:28

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
最強彼女 第1章 弱い僕と強い彼女
出逢ったのは、今から4ヶ月前の6月だ。

その日は学校帰りに突然、大雨が降って、僕は仕方なく近くの建物に、雨やどりしていた。

だが、厚い雲は去る気配もなく、果てしなくどこまでも、広がっている。

雨は、いつまでたっても降り止まない。

雨の日は嫌いなんだ。

良い事なんてあったことがない。

天気予報は外れるし・・・傘を持っていくのは忘れるし。

僕は、憂鬱と苛立ちを胸に抱えて、雨が降り止むのを、ただ待つ。

「あれ?西山・・・君?」

女の子のきれいで澄んだ声がした。

顔をあげる。

そこには、軽山田美夏の顔があった。

あいも変わらず、今日もきれいだ。

「雨やどり?」

「う、うん」

僕は、一度も話したことがないので、戸惑いながら頷く。

軽山田さんは、いつも友だちに囲まれている。

その点、僕は一人、はやく休み時間が終われと願いながら、机に顔を伏せるているだけだ。

こんなカタチで、喋ることになるとは・・・。

「傘、いる?」

軽山田さんは、少し微笑みながら、鞄から水色の傘出した。

僕は、コクンとぎこちなく頷く。

胸がドキンドキンと高鳴り、今にも破裂しそうだ。

「どうぞ」

「あ、あり・・・が・・と・・・」

僕は、必死に言葉を紡ぎながら、傘を受け取った。

「そんなに、緊張しなくっていいよ~」

彼女は、あははっと可愛らしく笑った。

「あれ?やんだ?」

彼女は、瞬きして、空を見上げる。

空は、いつの間にか、 青く澄み渡っていて、虹が架かっていた。

「うわ!見て見て!きれ~~」

彼女が、虹色の橋を指す。

このあと、衝撃的な事実を知ることになるとは、思いもしなかった。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ