Johann,-ヨハン-
Johann,-ヨハン-

発行者:KEI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2013/01/25
最終更新日:2013/01/25 20:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Johann,-ヨハン- 第1章 遭遇
 「ガルーザ! 無事だったのね‥!」
 「クイン‥!」 ガルーザはクインに駆け寄ると、荒々しく言う。
 「ああ。だが、俺の部隊は全滅だ‥。クソ! ヒューマン共め、裏切りやがって! だから俺はヒューマンなんか信用できないって、最初から言ってたんだ‥! 奴等は俺達のことをクリーチャーなどと呼んで、はなから見下してやがる!」
 森には火の手が上がり、ヒューマン部隊の放った銃弾がクインの頬をかすめる。
 「部隊は壊滅。集落は破壊され、仲間は散り散りになった。森も焼き尽くされるだろう‥。ヒューマンに捕まれば、死ぬまで奴隷として働かされることになる。逃げるなら今しかない」
 「わたしはヂードゥの誇り高き戦士。最後まで闘うわ」 クインは剣を握り締め、牙を剥き出して呻る。
 「そう言うと思ったぜ」 ガルーザは笑う。
 「しかし、お前は逃げろ、クイン。お前には森の精霊の加護がある。‥お前さえ生き残れば、いつか必ずヒューマン共に復讐できる。一族の仇を撃てるはずだ」
 「なら、あなたも一緒に逃げて!独りになるのは嫌」
 ガルーザは、何事か考えながらクインを見つめる。
 「‥分かった。お前は俺が必ず護る。‥行くぞ!」
 2人は剣を仕舞うと、疾風の如く駆け出した。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ