Johann,-ヨハン-
Johann,-ヨハン-

発行者:KEI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2013/01/25
最終更新日:2013/01/25 20:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Johann,-ヨハン- 第1章 遭遇
 「貴様を利用させて貰った」 魔族の男が言った。
 「ギデオン・デュ・ゲクランを殺すには、隊舎内に侵入する必要があったんでな」
 ギデオン副隊長が死神に首を切り落とされる光景が浮かぶ。吐き気がする。
 「ギデオン副隊長も、お前が‥?」 
 「そうだ」 微動だにせず告げる。
 「一体どうやって‥。あの死神は‥?」 守護隊舎内に誰にも見つからずに進入するなんて不可能だ。それに、あの時は間違いなく僕とギデオン副隊長、それと兵士が2人しかいなかった。
 「貴様も一緒に殺すつもりだったが、その前に聞きたいことがある」
 男は僕の質問には答えず、冷たく言い放つ。僕は唾を飲み込む。
 「聞きたいこと?」
 魔族の男がニヤリと笑う。 「何故俺のことを話さなかった? 警備兵を殺すところを見ていただろう」
 容赦のない視線に射竦められ、身体が震える。 「‥その質問に答えたら、僕も殺すのか?」
 「答えなくても殺す」
 ――何で僕がこんな目に‥。あの時、図書館に忍び込んで、見てはならないものを見てしまったからなのか‥?
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ