Johann,-ヨハン-
Johann,-ヨハン-

発行者:KEI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2013/01/25
最終更新日:2013/01/25 20:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Johann,-ヨハン- 第1章 遭遇
 「アンリ・ノルベール上級学術生だね」
 隊舎内の一室に通されると、隻眼隻腕の初老の男が執務机にもたれかかって言った。
 「私は聖都守護隊副隊長ギデオン・デュ・ゲクランだ。昨夜起きた警備兵殺害事件について、知っていることを全て話して欲しい」
 僕は彼の眼帯と左腕に視線をやる。
 「驚いたかね。初対面の者は、私の姿を見て必ず驚く」
 「いえ‥」 僕は慌てて顔をそむける。
 「気を遣わなくてもいい。聖都を護るために負った名誉の負傷だ」 ギデオン副隊長は誇らしげに言う。
 「昨夜の事件のことは、僕は何も知りません」
 さっさと用件を済まし、次の講義の課題を片付けたかった。ここのところレポートにかかりっきりで、課題にはまだ手を付けていない。
 「警備兵が殺害された現場に立ち会ったんだろう? 犯人の姿も見たんじゃないのかね?」
 「僕が気付いた時には、犯人はもういませんでした」
 「それはおかしいな。事件後に君は、犯人は1人だったと警備兵に話している。本当は犯人を見たんだろう?」
 「それは‥」 矛盾点を突かれ、僕はそわそわと身体を揺らす。やましいことなどないが、僕は昔から警備隊や守護隊に対して過度に苦手意識を持っている。おそらく、あの本を読んだことが原因だろう。
 「虚偽の証言はしないほうがいいぞ。監獄へ行きたくなければな」
 ―パチン
 ギデオンが指を鳴らすと、兵士が2人、出口を塞いだ。僕を部屋から出さないつもりだ。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ