Johann,-ヨハン-
Johann,-ヨハン-

発行者:KEI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2013/01/25
最終更新日:2013/01/25 20:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Johann,-ヨハン- 第2章 森の精霊
 「直に目を覚ますだろう」
 クインは安堵し緊張の糸が切れたのか、地面に膝を突く。
 「ところで、ヒューマンの子よ‥」 精霊ポリスーンが僕に告げる。
 「我々は争いを好まない。しかし、これ以上同胞を殺すようであれば、森の一族全てがヒューマンの敵に回ることになる。‥それを忘れるな」
 それだけ言うと、精霊ポリスーンは立ち上がり、聖域に戻っていく。
 「ポリスーン様! 御恵みに感謝いたします‥!」
 「困ったことがあったらまた我々に言うがよい。ヂードゥの巫女よ」 

 
 精霊ポリスーンが引き返すと、徐々に東の空が白み始めた。
 「クイン。まだガルーザが目を覚まさないが、君等に頼みがある‥。俺に力を貸して欲しい」
 最初からそのつもりだったのだろう、魔族の男がクインに言った。
 「貴方達には感謝してもしきれないわ。でも、力を貸すって、どんな‥?」
 ヨハネスは僕らに背を向け、勿体ぶって告げた。
 「元十字軍の軍団長でありヒューマン共の現皇帝、エル・シドを暗殺する」
 ヨハネス・ゲオルクは紅い瞳を不気味に輝かせ、ニヤリと笑った。
19
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ